忍者ブログ
キャッシング情報
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、雨の日が増えましたね。
梅雨入り当初はむしろ晴れてばっかりでした。
水不足にならないですんだ。
そうやって前向きに考えてみますか。 

<お勧めブログ> 
http://ava05.seesaa.net/
http://ava04.seesaa.net/
http://ava03.seesaa.net/
http://ava02.seesaa.net/
http://ava01.seesaa.net/
PR

日本語の歴史は、司馬遷の『史記』に由来する。前漢の武帝時代、太史令であった司馬遷が記述した『太史公書』がのちに「史記」と呼ばれるようになり、「史」が歴史の意味でも使われるようになった。司馬遷は黄帝から武帝までの皇帝の変遷を正統性の概念で記述した。以降、「史」は皇帝の正当性を主張する書物として古代中国の各時代で伝統的に編纂されることとなる。また正統性の概念は周辺アジア地域においても影響を与え、『日本書紀』等が編纂される動機となった。

明治時代、"history" の訳語として、もっとも概念的に近いと思われる「史」を元に「歴史」という用語が造られた。

history

英語の "history" は、ヘロドトスの『歴史 (historiai) 』に由来する。"historiai" は古代ギリシア語で「調べてわかったこと (historia) 」の複数形。ヘロドトスはリディア王国以降のペルシャ地方の発展を中心に、サラミスの海戦においてギリシアがペルシア帝国艦隊を撃破するまでを記述した。それゆえ、「歴史」は主として戦争を記述する資料を指したが、時とともにより幅広い事象を対象とする用語に一般化されていった。ヨーロッパ近世においてはルネサンス以降の自然学の進展とキリスト教的価値観を背景に "historia" は人間の創造以前を扱う自然史(historia naturae, 博物学とも訳される)と人類史 (historia hominis) の二領域からなると考えられるようになった。前者は近代の自然科学へ、後者は現在の歴史学へと発展していく。

また "historia" からは「storia」という語も派生した。語義としての歴史は本来は事実を検証する物だが、特定の国では、政権を取った団体が、組織を維持するために都合の良い解釈を取り、捻じ曲げて教科書に入れることもある。このため、世界中で歴史“認識”による誤解・偏見・差別が存在する。これは上記の "storia" を教育していることと同義といってさしつかえない。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

翻訳 医学

東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)は、一般に「奈良の大仏」として知られる仏像で、奈良市の東大寺金堂(大仏殿)の本尊である。聖武天皇の発願で天平17年(745年)に制作が開始され、天平勝宝4年(752年)に開眼供養会(かいげんくようえ:魂入れの儀式)が行われたが、現存する像は中世・近世の補修がはなはだしく、当初の部分は台座、腹、指の一部などごく一部が残るにすぎない。「銅造盧舎那仏坐像」の名で彫刻部門の国宝に指定されている。

 

大仏の正式名称は「盧舎那仏坐像」、大仏殿の正式名称は「東大寺金堂」であるが、本項では以下「大仏」「大仏殿」と呼称することとする。

大仏造立の経緯

正史「続日本紀」と東大寺の記録である「東大寺要録」によれば、大仏造立の経緯はおおむね次のとおりである。

 

741年(天平13年) - 聖武天皇が国分寺・国分尼寺建立の詔(みことのり)を発する。

743年(天平15年) - 聖武天皇が近江国紫香楽宮(しがらきのみや)にて大仏造立の詔を発する。紫香楽宮近くの甲賀寺にて大仏造立が開始される。

745年(天平17年) - 恭仁宮、紫香楽宮、難波宮を転々としていた都が5年ぶりに平城京に戻る。大仏造立も今の東大寺の地であらためて開始される。

746年(天平18年) - 大仏鋳造のための原型が完成。

747年(天平19年) - 大仏の鋳造開始。

749年(天平勝宝元年) - 大仏の鋳造終了。

752年(天平勝宝4年)49 - 大仏開眼供養会(魂入れの儀式)が盛大に開催される。

以上のように、大仏は当初、奈良ではなく、今の滋賀県甲賀市に造られる計画であった。しかし、紫香楽宮の周辺で山火事が相次ぐなど不穏な出来事があったために造立計画は中止され、都が平城京へ戻るとともに、現在、東大寺大仏殿がある位置での造立が開始された。制作に携わった技術者のうち、大仏師として国中連公麻呂(くになかのむらじきみまろ、国公麻呂とも)、鋳師として高市大国(たけちのおおくに)、高市真麻呂(たけちのままろ)らの名が伝わっている。天平勝宝4年の開眼供養会には、聖武太上天皇(すでに譲位していた)、光明皇太后、孝謙天皇をはじめとする要人が列席し、参加した僧は1万人に及んだという。正倉院文書(もんじょ)のうちには、この時列席した僧の名簿が残っており、「僧1万人」は誇張ではなかったことが知られる。開眼導師はインド出身の僧・菩提僊那(ぼだいせんな)が担当した。開眼の際に使用した筆や、当日大仏に奉納された伎楽に使用された面などは、正倉院宝物として現存している。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

大仏

呼び名について

「色盲」「色弱」と呼ばれる事もあったが、誤解を与えるとして現在は「色覚異常」「色覚障害」等と呼ばれる事が多い。一方、以下の理由から「色盲」こそが相応しい用語だとする意見もある。 [1]

 

男性20人に1人、女性400人に1人という頻度は「異常」「障害」と呼ぶには高すぎる。血液型がRh-RHマイナス)の人間を異常と呼ぶようなものである。

これらの特性を持った人物が「害」というわけではない。

対して「色盲」という言葉はある種の色が見えない(盲)という客観的な事実のみを表している。

「異常」も「盲」も字に否定的な印象があるとして「少数派色覚」と呼ばれることもある。この場合正常色覚は「多数派色覚」ということになる。

 

さらに、これまで「正常色覚」と一括りにされていた人にも、実際は錐体細胞の波長認識には個人差があることなどを考慮した上で、色覚異常を遺伝子の多形のひとつとしてとらえた「色覚特性」という呼び方も、色覚異常による差別や偏見をなくす目的で使われはじめている。

 

また、正常色覚か色覚異常かは便宜的な区別にすぎず、「正常色覚」の根拠もそのような見え方をする人間が多数派だからという程度のものである。詳細は後述。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

マイクロケラトームの特徴

痩身エステ体験談

レーシック マニア

おたくとは主にアニメや漫画などサブカルチャーに没頭する人間を指す言葉で、中森明夫が1983年6月から1983年12月まで『漫画ブリッコ』誌上に連載した「「おたく」の研究」の中で紹介され、一般化した(そのコラム自体は、おたくの外見や同人誌即売会での行動を論う、悪意に満ちたものだった。ただし他者を一方的に非難するのではなく、自虐的なものではないかという、擁護論もある)。これは「おたく族」という、従来からあった竹の子族や太陽族といった「○○族」という扱いの範疇の一つとして挙げられている。(→若者文化)

 

日本では主に、初期(1980年代)の頃にはその出展元にも関連して、対象年齢を過ぎたと世間的に認知されている趣味(アニメや漫画、アイドル、ゲーム、コンピュータなど)をもつ独身の日本人男性に対して用いられることが多かった。しかし近年、外国人、日本人女性、そして既婚の男性に用いることも多くなり、また前述以外の、ややカルト的な趣味、インドア系の趣味、また学術的な趣味を持つ人に用いられることも多くなってきている。ただし、女性や外国人男性がこれらの趣味をもつ場合には「~~好き」「~~マニア」と呼称されることが多く、現在でもその傾向は続いている。また日本人男性でも50代以上の者、またハイカルチャー・アカデミックな学術分野に没頭する人が、オタクと呼ばれることは少ない。その一方で、学術分野の専門家の中でも、理学・工学系の研究者に限り、オタクと呼称することが多いとの意見もある。[要出典]

 

古くはアニメ・漫画といった作品に絡んで行われる同人活動(→同人誌)との関連性から、「狭義のおたく」と呼ぶべきかなり限定された意味合いを持つ存在とされたが、近年では含む意味が拡大して「広義のおたく」と呼ぶべき一定の範疇・属性を含むグループ全体をこのように呼称する傾向が見られる。「広義のおたく」では「社会一般からは価値を理解しがたいサブカルチャーに没頭しコミュニケーション能力に劣る人」というネガティブな見解から「特定の事物に強い関心と深い知識を持つ一種のエキスパート」であるといった肯定的な主張まで、オタクの意味するところは人により大きく異なり定っておらず論争も多い。[要出典]

 

また、特定の趣味への没頭の有無に関わらず、「おたく」を「一般人から理解されない奇異な行動を取る男性」との意味で用いる者も多い。また、趣味に没頭する原因を、女性に相手にされないための逃避行動と考え、「女性にモテない男性」との意味で用いることがある(これらは若い女性がよく用いる)。この意味で用いる場合、女性が「おたく」と呼ばれることは少ない。このように侮蔑的な意味合いで使われることも少なくないが、これを偏見・差別だとする批判も強い。[要出典]

 

語源としては、彼ら(彼女ら)がアニメ作品などについて会話をする際相手に対する呼称(二人称)を「お宅」とし、「お宅は○○についてどう思う?……お宅は?」と呼び合ったのが始まりという説が有力。アニメ超時空要塞マクロスで主人公の一条輝が、二人称の事を「お宅」と使用していたため、そこから始まったと言う説もある。オタク・ヲタクとも表記する(むしろ、最近では平仮名で表記することのほうが少ない)。このほか、おたくに該当する人が会話において相手方を呼ぶときに「オタク」と呼称することから付けられたとする異説もある。(後述)[要出典]

 

なお、岡田斗司夫が1996年5月に発表した著書『オタク学入門』によると、少なくとも執筆当時には、この「オタク」という言葉がNHKの放送問題用語に指定されている事が、岡田がNHKから取材を受けた際に明らかになったとの事である。[1](遅くとも2005年2月27日放送の新日曜美術館では、「オタク」という言葉が用いられ、「不適切な表現がありました」とか「発言者の意向を尊重してそのままお伝えします」等の断りをNHKが入れていないので、「放送問題用語」からは外されている事になる。)

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

らきすた  驚きの!ビリーズブートキャンプ



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索