忍者ブログ
キャッシング情報
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

概説

マクロ経済分析の対象となる市場は、生産物(財・サービス)市場、貨幣(資本・債券)市場、労働市場に分けられる。

 

新古典派によると資本市場で自然利子率が決定される。生産はワルラス均衡が達成される自然水準にあると信じられてきたが、1930年代に米国を襲った恐慌によりこの見解への懐疑が生まれる。

 

この懐疑の中、ジョン・メイナード・ケインズは「雇用・利子および貨幣の一般理論」を発表する。ケインズによると貨幣市場で現実利子率が決定される。価格硬直性から派生する、自然生産水準と現実生産水準の乖離を埋めるために有効需要政策が必要となる。この主張によってこれまでの新古典派経済学体系が覆されるというケインズ革命が起こる。しかし1970年代に入って米国など先進工業国がスタグフレーションに苦しむようになるとケインズ批判が起こる。新古典派が復権して、新しい古典派という考えが注目されるようになる。

 

現在では、古典派・新古典派経済学とケインズ経済学の両方からマクロ経済分析へのアプローチが取られている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

<おすすめ>

エイチエス証券

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索