忍者ブログ
キャッシング情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダブルストライプを発行した場合は、スイングサービス(総合口座普通預金から貯蓄預金に自動振り替えする順スイング、貯蓄預金から総合口座普通預金に自動振り替えする逆スイング)が利用できなくなるので注意されたい。

 

みずほマイレージクラブカードなどを申し込んだ場合のダブルストライプカードの扱い

みずほマイレージクラブカードなどのクレジット一体型カード、金融債総合口座取引証、大学生協ICキャッシュカードなど、貯蓄預金と一体型のキャッシュカードが通常でも発行できないケースから切り替える際、例外的に、貯蓄預金単独型のインターナショナルキャッシュカードが発行されるケースもある(この場合、生体認証対応のICカードに対応させることも可能だが、ICの利用については無論国内限定となる)。ただし、「ケースもある」のであって、このようなイレギュラーな形態は応じないケースが多いので発行希望の際には注意されたい。

 

みずほマイレージクラブカードの場合は、UCカード(クレディセゾン発行)提携のセレクトまたはゴールドの分離型を申し込めば問題ないが、その場合ICキャッシュカード機能が削がれることになると同時に年会費がかかる。ただ、セゾンカード提携は一体型のみなのでこのやり方は不可能である。みずほSuicaカードも一体型のみの発行のためやはり不可能である。

 

 

引出限度額

1日あたり50万円を限度に、1万円単位で設定可能である(ただし、日本時間の2007520日(専用普通預金型は521日)0:00より、引出限度額が最大20万円に引き下げられるので注意。ただし、このときから、海外での限度額が国内での限度枠とは別個に設定される参照リンク)。利用の際には、引出口座が貯蓄預金かどうか、専用普通預金型用の口座なのかの確認には十分注意しなければならない。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ライフカード 

ライフカード 申込

PR

本取引は、200441日施行の「金融商品の販売等に関する法律」(「金融商品販売法」)の改正により、「直物為替先渡取引」に該当することが明確になった。(金融商品販売法 2112号、同法施行令 4条)

 

このため、業者はリスク等に対する説明義務が課せられる。説明が尽くされておらず顧客が被害を蒙った場合は、業者は損害賠償責任を負うことになる。(同法 312号、第4条)

 

金融先物取引法による規制

本取引は、かつては取引に関する法律(いわゆる「業法」)がなく規制もなかったために、多額の手数料を顧客から騙し取るといった悪徳業者が多発した。しかし、200571日に金融先物取引法が改正されたことで以下の規制がかけられたことにより、悪質な業者は今後次第に淘汰されていくものと思われるが、過当競争状態になっている証券会社などでのトラブルや、本取引を騙っての詐欺事件が後を絶たない。

 

業者は登録制となり、金融庁の監督下に置かれるようになった。

以下の禁止行為が設けられた。

不招請勧誘の禁止

契約をしない旨の意思表示をした人に対する再勧誘の禁止

断定的判断を提供しての勧誘の禁止

広告規制

手数料やリスクなどについての表示を義務づけられた。

書面の交付義務

契約締結前、取引成立、証拠金受領時にそれぞれ書面の交付が義務づけられた。

外務員が登録制となった。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

中国語 翻訳
中国語 翻訳会社

ワールドキャッシュは、予め以下のワールドキャッシュカードをシティバンク、エヌ・エイ在日支店(またはメールオーダ)にて発行の上、預かり金としてカード口座に入金すると、その残高の範囲で海外のPLUS提携ATMCDから現地通貨が引き出せるものである。なお、2006年からは中国の銀聯とも接続されており、銀聯ネットワークも利用可能になっている。

 

概要

入金はシティバンク、エヌ・エイのATMか、新宿南口支店の振込専用口座宛に発行されたカードの下7桁を氏名の頭に添えて振り込むことで入金出来る。郵便貯金口座を所有している人であれば、相互送金によって入金することも可能。この場合、口座店は東京支店、科目は「その他」、口座番号は発行されたカードの下7桁、口座名義はカードの名義人となる。ただし、ATMからの場合は「その他」の科目宛に振り込めない場合は利用不可であり、窓口から利用する形になる(それでも、シティバンクのATMが遠隔地にしか所在しないなどのために使えない場合や後述する提携カード発行銀行の窓口が使えない場合にはこれが一番安価な入金方法となる)。

発行日から1年以内に入金し(発行から1年以内の入金がない場合はカードが失効)、入金日から2年間有効で、その間に預かり金の海外利用と清算を行わなければがなければカードは失効となる(期限が過ぎた場合は、手数料1050円を差し引いて清算のみ可能。ただし、1050円に満たない場合は手数料に全額充当されるので預かり金ごと失効になる)。

 

なお、シティバンクの在日支店や国際線が発着している一部の空港会社の案内所では即時発行を行っている。

 

ただし、これらは後述する「JMB・郵貯ワールドキャッシュ」では当てはまらないことに注意されたい。

 

ついでに、ソフトバンクテレコム(国際デジタル通信→ケーブル・アンド・ワイヤレス・アイディーシー→(旧)日本テレコムIDC→日本テレコム→(旧)ソフトバンクテレコムの流れをくむ)のコーリングサービスが自動付加されている。これは、「JMB・郵貯ワールドキャッシュ」にも付加されている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

食中毒
細菌感染
寄生虫
このうえない日々

食中毒は、その原因になった因子・物質によって、細菌性食中毒、ウイルス性食中毒、化学性食中毒、自然毒食中毒、その他に大別される。

 

食中毒の直接の原因は、飲食物などに含まれていた有害・有毒な原因物質を摂取することによるが、その原因物質が直接に毒物として作用する場合と、原因物質が微生物であり、その増殖によって消化管の感染症を発症する場合に分けられる。広義には、前者を毒素型食中毒、後者を感染型食中毒と呼ぶ。化学性食中毒や自然毒食中毒はすべて毒素型食中毒である。細菌性食中毒やウイルス性食中毒では、その原因微生物によってタイプが異なり、感染型食中毒を起こすものと、毒素型食中毒を起こすものがある。細菌性の毒素型食中毒の場合、原因となる細菌が食品中で増殖するとともに毒素を産生し、その食品を汚染することが食中毒の原因となる。この場合、増殖後に細菌を殺して除いても、毒素が残っていれば食中毒が発生する。また細菌性食中毒では、病原菌が消化管内で増殖する際に初めて毒素を生成するものがあり、これは感染型と毒素型の中間に位置するものとして、中間型食中毒と呼ばれる。

 

梅雨など高温多湿となる夏期に、最も食中毒の発生件数が多い。このほとんどは細菌性食中毒である。しかしこれ以外の季節であっても、冬期にもカキ ()が原因とみられるノロウイルスが原因の食中毒が多く発生する。また、キノコやフグなどによる自然毒食中毒は、それぞれその食材の旬にあたる秋から冬にかけて多く発生する。

 

かつては、人から人へ感染が及ばないものとされていたが、O157 などの腸管出血性大腸菌やノロウイルスは患者から患者へ感染するため、近年、国際的には食感染症として伝染病とあわせ対策がなされている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

食中毒
細菌感染
寄生虫

Suicaショッピングサービス開始当初は、Suica決済のみ対応の松下電器製のINFOX(CAFIS)用途のCAT端末が導入されたが、その後登場した東芝テックやNECインフロンティア製のCATでは、従来のクレジットカード決済に加えてSuica決済にも対応した関係で、クレジットカードとSuica両方を取り扱う駅ビルで数多く導入されている。

 

JR東日本とiDを展開するNTTドコモは、共同でSuicaiDの両方が利用できる共通インフラ(共用端末および共通利用センター)を整備することを合意し、そのために、共通インフラ運営有限責任事業組合を設立し、20071月に運営を開始する予定である。また、その共通インフラをEdyQUICPayも利用することも合意されており、まずは200721日よりイオングループの店舗に初めて共用端末(SuicaiD対応)を導入した。また、イオンは、独自にWAONを導入しており、これは、前述の共用端末を用いているため、そのままSuicaと相互利用する店舗が拡大していくことになる。

 

それに連動する形で、共用端末の導入をはじめとするSuicaの普及のために、JR東日本とNTTドコモ、NTTデータは、「Suica普及有限責任事業組合」を設立し、Suica導入の資金援助を行っている。その資金援助の第1号はららぽーとであり、2007315日に開業したららぽーと横浜に共用端末を導入し、以降、4店舗に共用端末を導入していく予定である この共用端末は、2007318日に運用を開始したPASMOSuicaとの相互利用という形で対応している。また、ICOCAについても20083月を目処に相互利用での対応を予定している。

 

その他にも、Suica加盟店を募集しているジェーシービーとユーシーカード、三井住友カード、三菱UFJニコスは、INFOXなどのCATと共用している端末が設置している。(JR東日本側(ビューカード)も同様の端末を駅ビル等に導入。)

 

JCBの端末はQUICPayとの共用が可能な端末もある。三井住友カードの端末は将来、前述のiDとの共用端末を設置する計画がある。三菱UFJニコスとJCBは、J-WESTカードの業務代行元となっている関係から、JR西日本とICOCA電子マネーの加盟店開拓も行う事で合意し、ICOCAにも正式に対応した共用端末も開発する予定のため、相互利用の扱いの他に、SuicaICOCAの両方に直接加盟する店舗が登場する可能性もある。

NECインフロンティアの汎用型リーダライタ(SuicaiDEdyQUICPaySmartplusVisa Touch対応)をサークルKサンクスやローソンが導入する予定。ほかにもセブン&アイ・ホールディングスが独自の電子マネーnanacoを導入しており、松下電器製の専用読み取り端末でSuicaiDEdyなど各種電子マネーにも対応できるよう目指しているという。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

金利 比較



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索