忍者ブログ
キャッシング情報
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

概要

絵画商法を行っている絵画販売会社は、下記の繁華街などに画廊を構え、下記の作家らによる海洋や生物を描いた絵画やイラストレーション・人気アニメーターによるオリジナルイラストなどの原画や版画を展示している。画廊の前にはエウリアンと称される勧誘員(女性の場合が多い)が、通行人に声を掛けて画廊に招き入れ、絵画を法外な価格で売りつけるという手口である。長時間拘束し、強引に売買契約を結ばせることもある。

 

こうした絵画販売会社では、シルクスクリーンなど版画を原価より何十倍も高い価格で売りつけることもある。しかもこれらの版画は、多くの場合、画家自身の制作したオリジナル版画ではなく、業者によるデジタル写真製版の大量複製であるため、事実上は「額縁付ポスター」あるいは「インテリア商品」というべきものであり、通常の画廊では美術品としては認められていない。美術オークションなどでも、版画ではなく「インテリアアート」に分類される。

 

資産価値を目当てにしてこのような絵画を購入させられた客は、絵画を売却しても支払った金額を回収する事も出来ず、長期のローンに苦しむ場合が多い。また違法としりつつローン契約の手続きを行う、ローン会社の責任も大きい。インターネットオークションにはこうして購入した版画が多数出品されているが、5万円以上で落札されればよい方である。なお、70万~100万円もあれば、ピカソやシャガール、ウォーホル、キース・ヘリングなど有名かつ人気の高い作家の比較的安い版画やポスターを買うことができてしまう。第二次大戦以降現在までの作家のほとんどの版画は、国際的な評価の高いオリジナル版画の作品でも、100万円かそれ以下の価格で手に入る。

 

稀にではあるが、販売員の言うことを全て鵜呑みにしてしまう客も存在し、何度もこのような絵画を購入してしまう人もいると言われている。また、被害者は、当然ながら絵画や技法等に対する知識は乏しく、積極的に話しかけてくれた異性の販売員や、原画を描いているアニメーターや画家に釣られて入ってきた人が多く、彼氏や彼女が不在で恋愛経験の少ない者や単身で寮生活をしている者(自衛官や看護師など)で被害が多いとも言われている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

GMOインターネット証券

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索