忍者ブログ
キャッシング情報
[41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Suicaショッピングサービス開始当初は、Suica決済のみ対応の松下電器製のINFOX(CAFIS)用途のCAT端末が導入されたが、その後登場した東芝テックやNECインフロンティア製のCATでは、従来のクレジットカード決済に加えてSuica決済にも対応した関係で、クレジットカードとSuica両方を取り扱う駅ビルで数多く導入されている。

 

JR東日本とiDを展開するNTTドコモは、共同でSuicaiDの両方が利用できる共通インフラ(共用端末および共通利用センター)を整備することを合意し、そのために、共通インフラ運営有限責任事業組合を設立し、20071月に運営を開始する予定である。また、その共通インフラをEdyQUICPayも利用することも合意されており、まずは200721日よりイオングループの店舗に初めて共用端末(SuicaiD対応)を導入した。また、イオンは、独自にWAONを導入しており、これは、前述の共用端末を用いているため、そのままSuicaと相互利用する店舗が拡大していくことになる。

 

それに連動する形で、共用端末の導入をはじめとするSuicaの普及のために、JR東日本とNTTドコモ、NTTデータは、「Suica普及有限責任事業組合」を設立し、Suica導入の資金援助を行っている。その資金援助の第1号はららぽーとであり、2007315日に開業したららぽーと横浜に共用端末を導入し、以降、4店舗に共用端末を導入していく予定である この共用端末は、2007318日に運用を開始したPASMOSuicaとの相互利用という形で対応している。また、ICOCAについても20083月を目処に相互利用での対応を予定している。

 

その他にも、Suica加盟店を募集しているジェーシービーとユーシーカード、三井住友カード、三菱UFJニコスは、INFOXなどのCATと共用している端末が設置している。(JR東日本側(ビューカード)も同様の端末を駅ビル等に導入。)

 

JCBの端末はQUICPayとの共用が可能な端末もある。三井住友カードの端末は将来、前述のiDとの共用端末を設置する計画がある。三菱UFJニコスとJCBは、J-WESTカードの業務代行元となっている関係から、JR西日本とICOCA電子マネーの加盟店開拓も行う事で合意し、ICOCAにも正式に対応した共用端末も開発する予定のため、相互利用の扱いの他に、SuicaICOCAの両方に直接加盟する店舗が登場する可能性もある。

NECインフロンティアの汎用型リーダライタ(SuicaiDEdyQUICPaySmartplusVisa Touch対応)をサークルKサンクスやローソンが導入する予定。ほかにもセブン&アイ・ホールディングスが独自の電子マネーnanacoを導入しており、松下電器製の専用読み取り端末でSuicaiDEdyなど各種電子マネーにも対応できるよう目指しているという。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

金利 比較

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索